「ひさりゅうせき」

関わる全ての人に感謝すると共に
会社や個人の個性を尊重し
価値観を共有すべく
様々な環境の変化に対応する

2014

「ふつう/しぜんたいをたかめる」

一人ひとりの「普通」=個性、価値観を認め合える環境の整備と「自分らしさ」を磨く努力、そして私たちの「普通」がお客様の「普通」の期待をはるかに超えたものである必要がある。
自らの「普通」をめまぐるしく変わる経済環境下で対応させながら、対外的にも胸を張って「らしさ」を語れる一年にしたい。

2013

「ときをつくるがほうじんたれ」

私たちは一生の中で、いったいどれだけの人と出逢うのであろうか。
その場限りの出逢いもあれば、その出逢いが、お互いの人生を変えてしまうことすらある。
ひとつ言えることは、出逢いは偶然であれ、必然であれ、何かを生み出す可能性があるということ。
他の人にとっては何の変哲もない出逢いですら自身の志によっては特別なものとなる。
自分だけで行動していては自分の領域しかみることができない。
人と逢うことで機会が生まれる。
そして、自らを広く深く成長させてくれる。
そのためには、自らその時をつくることが必要である。
全世界の人に平等に与えられた1日24時間。どのように活かすかは自己の心次第である。
他の人が2時間かかることを1時間でできれば、25時間と同じ価値がある。
人と逢うことを大切に、逢える場を大切に、姿を大切に。
2012年、是非、沢山の出逢いを創出し、自らの資質の向上に努めたい。

2012

「ませんてっけん」

強い意志をもち続け、物事を達成するまで変えないこと。
また、学問にたゆまず励むたとえ。
鉄でできている硯をすり減らして、穴をあけるほど勉強するという意から。

変化し続ける現代社会、それに対応すべく変化し続ける企業そして個人。
その中でも決して変えてはならないもの。
それは、何かを成し遂げるために持ち続ける強い意志である。
見聞を広めて夢を語り、強い意志を持ち続けて夢を実現させたい。

2011

2010