働き方を知る

働き方を知る

《営業活動》

・新規顧客層の開拓を主眼に、取引の深耕と拡大を目指します。

・社員全員が営業活動を行なう意識をもって取り組みます。

・外勤営業も内勤営業も常にお客様の立場に立って行動します。

●ユニフォーム事業部 (勤務地:北見本社、十勝、釧路、旭川、札幌)

1)理念をデザインする~ユニフォームで世界中の人の心に誇りを~

 お客様の企業の理念、考え方をユニフォームで表現することにより、着用者が誇りをもって仕事やクラブ活動をし、自己実現に繋げていただくのが私たちの仕事です。そして、その輪を世界中に広げることが私たちの願いです。

2)BRING UNIFORM~服から服へ。環境に配慮し社会貢献につなげる。

 単に商品を販売するのではなく、地球環境の維持に貢献するために、一度きりのリサイクルではなく、持続可能なリサイクルの仕組みをご提案いたします。一般社団法人日本循環型社会形成推進協会の会員である当社は、資源やエネルギーを浪費する経済社会から循環型社会へ転換する道筋のひとつとして、繊維製品であるユニフォームを対象に、廃棄物の減量化、二酸化炭素や有害物質の発生の削減、物質としての長寿命化、職場での環境意識の高揚に貢献するため、リサイクルシステムを利用して、製造から販売・供用・回収及び再生利用等まで環境の保全に配慮したユニフォームの生涯管理を行います。当社の販売するユニフォームは広域認定リサイクル対象商品です。

3)ユニフォームの新たな利用価値を創造する

 ユニフォームには、着用者に誇りをもっていただく以外にも様々な役割があります。広告塔であったり、役割を示すものであったり、着用者本人のみならずお客様に楽しさを提供するものであったり着用者や着用シーンによってそれは変化します。私たちは、それぞれのお客様のお考え、今後の方針やあるべき姿を共有することによって、その価値を創造し商品や多岐にわたる加工内容でご提案いたします。ユニフォームの利用価値は無限大です。

4)商品開発

 お客様のお困りごとを解決するという、企業としての使命を果たすため、今あるものをご提案するのは勿論、自社での開発、更には協力会社と連携して商品開発を常に行います。営業職はモノを売る仕事と思われがちですが、お客様の表面化していない問題点を抽出し改善することにより、お客様の利益拡大や安全の確保へ繋げるという重要な役割を担っております。

5)営業先

 運送、建設、食品工場、病院、飲食店などのお客様が多いのですが、そこに人がいる限りすべての人が顧客の対象になり得ると考えております。ボランティア活動をする地域コミュニティの方々、工事現場で働く人、お店でレジを打つ人、会社を経営する人、医者、税理士、学生、政治家と本当に幅広い業種や立場の方にお会いできるのが、当社の営業職の魅力です。多様性を認めることが求められる昨今、自己実現や自身の心の豊かさにつなげるためには願ってもない環境です。

6)スクールキャラバンの検討

 現在企業中心である営業活動を、学校の部活動へアプローチすることを検討しております。当社の社員にはスポーツ経験者が多いこと、今でも健康維持のために定期的にからだを動かす社員が多いこと、教育大学出身者がいることなどから、比較的スムーズに活動を行い喜んでいただけるのではないかという思いと、これまでも複数回実施しておりますが、教壇に立ちキャリア教育の授業の中で「働くことの意味」や「社会の仕組み」を、子どもたちに伝えるといった活動に由来し、夢ある子どもたちとの接点を持ち続けたいという思いがございます。

7)取り扱い商品

ユニフォーム全般、安全靴、雨合羽、フルハーネス、手袋、タオル、感染対策商品など

 

●コロンブス事業部 (勤務地:北見本社)

1)北の食文化を支える~食を通じて幸せを~

 たまごは、価格の優等生として日本の食卓を守ってきました。そして、様々な料理に使用されなくてはならない食材の一つでもあります。料理やお菓子を作り提供するのはお客様ですが、その先にある実際にお召し上がりになる皆様の笑顔や団欒を想像し、食を通じて幸せを提供するのが私たちの仕事です。

2)最適なたまごをご提案

 にわとりのたまごと言っても、鶏種や飼料の配合によってそれぞれのたまごには特徴があります。卵かけご飯に最適なもの、お菓子をふわっとさせるのに最適なもの、当社ではお客様の現状をお聞きした上で商品サンプルをお使いいただき、新たなメニュー作りや商品の改善につながるようお手伝いをさせていただきます。

3)たまごを使用するメニューの提案

 お客様は当然食のプロなので、私たちが口を挟むこともないのかもしれませんが、収益を高めるためのメニューやユニフォーム事業部が北見以外の地域で知りえた情報を元に考えたメニューのご提案をさせていただきます。現時点ではまだ実現しておりませんが、当社栄養士によるたまごの特徴を最大限に活かしたメニュー紹介などもできればと考えております。

4)景品としてのたまご

 たまごは価格が安定していること、毎日のように使う食材であることから、贈る側にも、贈られる側にも喜んでいただける景品としてお使いいただいております。ガソリンスタンドや展示会などのイベントなど、予算に合わせて個数や種類、場合によってはオリジナルのパッケージのご相談も承ります。

5)営業先

 北見市内の菓子店、パン屋、ホテル、介護施設、病院、飲食店

 景品としてご検討いただける各企業、団体

《事務活動》

総務・経理部 (勤務地:北見本社、十勝、釧路、旭川、札幌)

・相手の立場に立ち、迅速、丁寧、正確、簡潔に一歩先を考え対応します。

 現在では北見本社に集約しておりますが、今後の事業拡大を見据えて各地域での採用も検討してまいります。

電話対応/来客者対応/受発注業務/納期連絡/入荷業務/伝票整理/仕入処理/入金処理/  出荷業務/事務用品等の手配/縫製室と営業の架け橋/カタログ、資料の発送

《生産活動》

・加工技術部 (勤務地:札幌)

 

1)針と糸でイメージを形へ~そして感動をお届けする~

 縫製、刺繍、印刷など、商品の価値を最大化する取り組みをいたします。

 既製品をそのまま納品するのではなく、プラスαの加工を施すことにより、その商品にお客様の理念が吹き込まれオリジナリティの高い商品へと生まれ変わります。

 基本的にはメーカーが作る既製品の販売となりますが、当社はその既製品に加工という付加価値を付けることにより相対的な差異を生み、お客様が求める「理念を表現する」「とにかくカッコよく」「安全性」「連帯感」「広告塔」「楽しさ」「信頼」「責任」「安心」「清潔感」といったものを共有し形にします。自分のアイデアや技術によって出来上がったユニフォームを着用する人が、汗をかいて作業をしているのを見かけたり、接客している姿を見ると、思わず「それ、私が手掛けたの!」って言いたくなります。
北海道の人だけではなく、日本全国の、そして世界中の人たちが誇りをもって仕事に取組み、心豊かな生活を送っていただくのが私たちの願いです。

2)刺繍

 コンピューターミシンを使用します。印刷と比較すると立体的になるため、どこから縫ったら出来上がりが綺麗になるのかは版の作成の仕方によって変わってきます。そのため、コンピューターと言えども作成者の経験やセンスが影響する仕事なので、何かを追求する性格の人にぴったりのお仕事です。

3)縫製

 裾あげといった基本的なお直しから、別注品の作製まで幅広く行います。基本的にはユニフォームに絡む縫製となりますが、体が不自由で既製品の着用が困難な方がいらっしゃれば、状況をお聞きした上でユニバーサルデザインのものにリメイクする対応もいたします。

 私たちのユニフォーム業界は、人口減少に伴い縮小傾向にあると思われがちですが、ニーズの多様化により近年市場は拡大しております。
 ただ、業界全体でとにかく安く作ることを目指した結果、商品の98%が海外で作られ、国内縫製の技術承継は疎かにされてきた背景があります。当社でも北見工場の縫製員の高齢化に伴い、この度札幌店での刺繍加工も含めた縫製事業部を立ち上げとなりました。
 時代の流れと逆行しているようではありますが、地域のことはできるだけ地域で行い、社会に貢献したい。そして、以前の日本がそうであったように、繊維の仕事をもっと魅力ある仕事にし、若い人も、子育て世代も、子育てが終わりほんの少し余裕ができた方も、様々な働き方に対応できるような仕組みづくりに取り組んでおります。
 毎日働きたい、時間のある時だけ働きたい、今はわからないけど登録だけはしておきたい。自宅でなら働ける。あまり技術はないけれど裾上げくらいならできる。少しでも興味があるなら一度見学に来ませんか?ご要望をお聞きした上で、どのようなお仕事ならお願いできるのか、ご提案いたします。

4)印刷データの作成

 Adobe Illustratorソフトを使用して、デザインデータを作成するお仕事です。ユニフォームに入れる印刷データがほとんどですが、名刺、看板、ステッカー、過去には車のエンブレムのデータ作成もいたしました。商品は違えど、基本的にデザインをつくる仕事は同じです。