理念をデザインする

当社の加工技術 理念をデザインする

刺繍

一般的な明朝体やゴシック体の他にも、企業のロゴなどのオロジナルデザインをお入れすることが可能で

当社で一番ご依頼の多いのがこの刺繍加工です。

刺繍は1枚単位のご注文にも同じ価格で対応できること、印刷と比較すると立体感、高級感があるのが特徴です。

シルクスクリーン印刷

版を用いて商品にインクを刷り込む、最も一般的な加工です。枚数が多いご注文の場合、価格的にメリットのあるこちらの印刷手法をお勧めいたします。

シルク印刷+刺繍

インクジェットプリント

直接生地にインクを吹きかける手法です。

細かいデザインや色の重なるデザインに最適な加工です。

基本的には紙に印刷するのと同様のイメージで、デザインを表現するのが可能です。

アップリケ刺繍

ワッペン生地をヒートカットし、そのフチを刺繍で縫い立体感のある加工に仕上げます。

転写プリント

糊のついたシートにデザインを印刷し、カットしたものを熱圧着するイメージです。

単色で1枚追加がある場合、デザインが複雑ではない場合に最適な加工です。

転写プリント+刺繍ワッペン

反射加工

近年、安全面の確保の必要性から大変需要が増えております。

基本的に反射布自体が発光するわけではなく、シートにちりばめられた反射ビーズに光を当てることにより光って見えるイメージです。そのため、反射部分の擦れなどにより劣化してくると、反射輝度が落ちてきますのでご注意ください。

 

反射布転写加工

糊の付いた反射シートを、ご希望のデザインにカットして熱圧着する手法です。
 
 

反射布の縫い付け+反射文字転写

ラインの部分は立体感を出したいとのご要望から、反射布をカッティングして縫い付け、文字部分は転写による熱圧着です。

反射布縫い付け

反射布の上に印刷加工

刺繍ワッペン

安全第一緑十字縫い付け

縫製

ユニコロンでは、もう少し袖を伸ばしたい、ウエストだけを絞りたい、そんなご要望にお応えいたします。「服は他人のために着る」なんて言葉を残した方がいらっしゃいますが、着用する方にとって理想的なシルエットや動きやすさを追求し、プロの技術と志で対応させていただきます。

裾上げやファスナー交換と言った基本的なことは勿論、商品サンプルのや帽子の製造、障がいをお持ちの方や個人のご要望に応じた特殊な加工を施すことが可能です。こんなことはきっと無理だろうといったようなことでも、是非一度ご相談ください。

刺繍糸

 

刺繍書体

商品手配と加工受付の流れ

STEP1 商品を決める
お好みの商品と色、サイズ、数量をお決めください。

STEP2 デザインを決める
会社のロゴや絵など、商品に入れたいデザインをお決めください。

STEP3 1と2の内容をお知らせください
入れたいデザインのデータ(Adobe Illustrator)、もしくはデータが無い場合はどのように入れたいかをラフスケッチでも結構なのでお知らせください。
データの入稿はこちらまで

data@unicolum.co.jp

お客様の企業名、ご担当者名、ご住所、お電話番号、メールアドレスについてもご記載ください。

STEP4 お見積もり
商品については記載された金額になりますが、いただいたご要望をもとに加工代を含めたお見積もりをいたします。ご購入金額税別3万円未満につきましては、別途送料をご請求させていただきますのでご了承ください。

STEP5  加工内容の校正
お見積もりが問題ないとご判断いただいた場合は、加工内容に基づき正式に校正をお出しし、内容をご確認いただきます。※STEP5に入った段階でキャンセルは不可となりますのでご注意ください。まだこの段階でのサイズ変更や若干の数量変更についてはお受けいたします。

STEP6  正式に発注
初回のご注文内容についてはお電話にて詳細を確認させていただきます。追加につきましては、前回同様でメールやファックスでもお受けいたしますが、初回と数量や加工内容が違う場合は改めてお見積もりをさせていただくことがございますのでご了承ください。

STEP7  商品の発送
ご注文内容にもよりますが、簡単な刺繍のみで1~2週間ほど、その他の加工については3週間~1か月ほどかかることもございます。